瀬戸田高校オープンスクール 昨年の3倍の参加

瀬戸田高校(藤本寅肇校長)は8月23日、オープンスクールを開き、中学3年生が授業と部活を体験した。

今年は昨年の3倍になる90人が参加した。特に地元瀬戸田中学校の3年生全員が訪れた。他に三原市、尾道市、因島からの参加者もあった。

体験授業の科目は、国語、数学、社会(地歴公民)、理科、英語、音楽=写真。部活は自転車、卓球、バドミントン、バスケットボール。文化部はしまおこし事業部、音楽、書道、美術。
藤本校長は学校説明のなかで、「入学から卒業まで充実した教育活動を展開します」と強調した。

【PR】第56回恒例「ガス展」因の島ガス