因島で見た野鳥【8】コチドリ

チドリ目チドリ科の一種、全長16cm、日本のチドリ科で最小。因島では、夏鳥として水辺に渡来する。

見かけはスズメ大で、セキレイより小さい。頭頂部は茶色で、嘴の上に白い帯状の斑紋、その上の額に黒色の帯状の斑紋がある。

嘴から眼を通り側頭部に続く黒色筋状の模様(過眼線)がある。頸部に白と黒の首輪状の斑紋があり、体の上面は茶色、下面は白で、目の外縁(アイリング)は太くて鮮やかな黄色、足はややピンクがかった橙色に見える。

小鳥の目は、よく見ると鋭く不気味に見える事があるが、コチドリの目は可愛い。

現在の分類ではシギ科とチドリ科の鳥で構成されている、水辺に大きな集団を作る鳥を千鳥(チドリ)と呼び、その中で小さいチドリとして、コチドリと呼ばれたらしい。「ピォ ピォ」と鳴くことがある。

繁殖のために渡来していると思われ、2羽で採餌していることもあるが、繁殖の様子は未確認である。

(写真・文 松浦興一)

【PR】創業をお考えの皆さん 尾道地域中小企業支援センターをご利用ください

創業支援総合相談会(相談無料・要予約)

【日時】
2018年12月18日(月)10:00~16:00
【場所】
尾道商工会議所
【対象】
◎新しく事業を始めようと考えている方
◎開業して3年未満で経営に関する疑問をお持ちの方
◎第二創業や新分野への進出を検討されている方
【申込期限】
12月10日(月)
【支援機関】
尾道商工会議所、尾道地域中小企業支援センター、尾道市ほか

創業をお考えの皆さん
尾道地域中小企業支援センターをご利用ください!

◎開業のプランはどのように立てればいいのだろう?
◎開業するための資金を調達したい!
◎開業時に使える融資制度や補助金はないだろうか?
◎ITを使って生産性の向上を図りたい

新規創業の事業計画策定支援・資金調達計画書の作成支援・各種補助金申請支援などを行なっています。三原市や世羅町など近隣市町からのご相談もお待ちしております。

【お問い合せ先】
尾道地域中小企業支援センター(尾道商工会議所内)
〒722-0035尾道市土堂二丁目10-3
TEL0848-22-2165
FAX 0848-25-2450
担当マネージャー佐々木・村上(敦)