因島で見た野鳥【2】コシアカツバメ

コシアカツバメ

全長18.5cmで、ツバメよりやや大きい渡り鳥・夏鳥である。渡りの時期や生息分布は、ツバメとほぼ同じである。

ツバメは、頭から尾まで光沢のある黒色で下面は白いが、コシアカツバメは、腰の部分が赤褐色で、下面には黒い点線状の縦(背骨に並行)斑がある。

因島では、ツバメよりは少ないが、特に珍しいわけではない。

下から見ると違いが目立たないが、上から見ると、腰の赤さが目立ち識別ができることがある。

ツバメは、椀を半分に切って垂直の土壁や板壁に貼りつけたような巣をしているが、コシアカツバメは、徳利を半分に切ってコンクリートの天井に貼り付けた筒状の巣を作る。巣の形状で識別は容易である。空になったコシアカツバメの巣は、スズメに占拠されている場合が多い。

因島では見たことはないが、イワツバメは腰が白い。腰が白いツバメを見た方は、見た場所を教えてくださいませんか。

(写真・文 松浦興一)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282