尾道市当初予算案 一般会計546億円 前年度比2.8%増

尾道市は15日、2011年度の当初予算案を発表した。一般会計は546億1000万円で、前年度比2.8%増になった。3年ぶりの増額である。

基幹系システム構築事業、子ども手当て給付費、子宮頸がん等ワクチン接種事業をはじめ、病院事業会計への負担金などの増額が、その主な要因である。

市は「持続可能な行財政運営」を念頭に、「たのもしさ」を実感できる予算であると説明する。

さらに、長期的な視点に立つと、地方交付税一本算定を迎える平成27年度以降の厳しい財政状況を乗り越えうる体制をととのえるため、予算規模を縮減し、経常経費を削減する必要を説いている。とりわけ市債発行の抑制を強調している。

医療・福祉・教育・子育て支援に重点を置き、「尾道海の道構想」にも力を入れる。

特別、企業の19会計をふくめた総額は、前年度比1.9%増の1142億1300万円。21日に市議会定例会に提案する。

一般会計の新規事業は91件、24億8600万円。主な新規事業は次の通り。

瀬戸田診療所建設改良負担金3億6143万▽子宮頸がん等ワクチン接種2億▽医師確保奨学金497万▽いきいきサロン(立花・門田・筒湯)建設1億6143万▽小中学校耐震化2億3635万▽病児・病後児保育委託848万▽(仮)向島認定こども園建設8173万▽「海フェスタおのみち」開催5419万▽サイクリングオアシス整備220万▽(仮)女流本因坊秀策囲碁まつり200万▽島ごと美術館活性化147万▽サンセットビーチ整備800万▽因島運動公園多目的球技場整備1800万。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282