験乗宗総本山光明寺(中庄町)厳粛に春期大法会

因島市中庄町の験乗宗総本山光明寺(松浦恵観座主)の春期大法会が3日、厳粛に行われた。この日、同寺境内に市内外から山伏姿の行者、末寺や教会の信者、一般参詣客ら約600人がもうでた。

この日、同町のいたるところにのぼりや旗がたてられ、行者姿の行列が見うけられた。午後には、修験道・山伏の行者が行う祈願法要である採燈大護摩供(さいとうだいごまく)。つづいて、自分の汚れを火の中で燃やしてしまう、心の儀式である、火生三昧(かしょうざんまい、火渡り式)=写真=があった。これには、行者衆に一般参詣客もつづいた。子どもを抱いた若いお母さんや幼児ら老若男女が、つぎつぎ火を渡った。

本山に全国から

験乗宗は今年で開宗56周年。因島の農家の二男として生まれた松浦観舜大阿闍梨(かんしゅんあじゃり)が、宗祖である。中庄町の光明寺を総本山に広島県、愛媛県、山口県を中心に寺、院、教会を持ち、全国には約7000人の信者がいる。修験道(しゅげんどう)を教えとし、在家にあって僧として自給自足で生きていく「半僧半俗」を基本とする。現在の座主は松浦恵観(えかん)氏。大浜小学校―比叡山中学―同高校―大正大学をへて、比叡山延暦寺で修行。平成3年比叡山から因島の光明寺に移り、格式や組織を離れて修験道をきわめる道に入った。

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00