いんのしまロッジ 11月にリニューアル 名称も変更

公設民営の国民宿舎「いんのしまロッジ」(因島観光開発佐藤和美社長)は尾道市との話合で11月を目標にリニューアル、名称も変えるという。


鉄筋3階建て地下一階の2416平方メートルに和、洋室計27部屋、87人が収容できるが1972年以来そのまま老朽化が進み、客室専用トイレやエレベーターがないことなどから「眼下に広がる風景はすばらしいが、宿泊設備がいまひとつ」という評価。

もっとも、因島市が運営する「お役人商法」で赤字が続き、89年に一般応募で入札。因島観光開発が落札して経営権を市から譲り受け、賃貸契約を結んでの運営が継続されてきた。

尾道市と同社の協議によると、今後10年間は経営を続けることを条件に

  1. 改修費の約半額7090万円を市が負担
  2. 土地建物を1140万円で売却

することで合意。同社は営業しながら改修工事を行なうが、大半を和室から洋室に替え、全室トイレ、洗面台、4室に浴室、共用浴室、エレベーターを取り付け、身障・高齢者に配慮した計画。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282