因島中庄町の験乗宗総本山光明寺(松浦恵観座主)の大法会が3日、同境内であり、約600人の信者や住民が参詣した。

本尊・祖師・先徳報恩法要から始まった。つづいて採燈大護摩供の儀式に移り護摩木を焚き、無病息災を祈った。

クライマックスは火生三昧式(火渡り式)。火を渡ることで煩悩を焼き尽くし身を清める儀式。若い信者や家族連れなど大勢の人が立ちのぼる煙のなかを次々と渡って行った。