私の瀬戸田日記【8】猫と母と私

3年前、友人から猫を譲り受けた。産み落とされたまま草むらで虫の息だったところを拾われ、その後奇跡的な回復をとげた生命力と運の強い子だ。茶トラの男の子で甘えん坊でちょっとどんくさいのが可愛くて溺愛していたが、東京を出る時一緒に連れて行くかとても悩んだ。猫の負担を考えると移動時間の長さや慣れない家、出張の時1匹にさせるのが不安だった。日中も母がいる実家の方が猫にとって安心かもしれない。答えが出せず保留の意味で実家に預けることにした。

半年たち瀬戸田の生活にも慣れてきた頃、やはり一緒に暮らそうと決心した。実家に帰りその旨を伝えると家族はお姉ちゃんの猫だしね、と寂しそうにしていた。数日の滞在後、いざ帰る1時間前に母が寂しくなると急に泣き出した。それまでは布団に入ってこなくなるから寝やすくなるわ~とか軽口叩いていたのにとんだ天邪鬼だ。というか半年前私が瀬戸田に行く時は仕事があるからと見送りすらしなかったのに!それでも母の涙には勝てず、連れていくのはやめる、今後もお世話を宜しくと伝えるととても喜んでいた。親孝行だと言いきかせ涙をのみ一人瀬戸田へ帰った。しゅん。

尾道市地域おこし協力隊員森聖羅

愛猫とらちゃん

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00