しまなみ海道島嶼部の生活環境に変化「島を島でなくした」

しまなみ海道は島嶼部の生活環境まで変えてしまったようだ。もっとも、島が島でなくなり橋で結ばれた地域にも変化を生じている。

もともと島しょ部の集落は自然の港を利用してできたもので海を背にして造られたものではない。ところがマイカー時代になって狭くて曲りくねった”島内一周道路”をわれ先に手がけた各自治体。それに加え、過疎債や離島振興法、市町の合併債などを利用して借金財政を繰り返してきた。

住民はといえば家族全員(3~5台)の自家用車所有という恵まれた悩みをこぼす。その一方で、造船業界の波風を乗り越えるため内海造船(株)田熊工場跡を地主に返すために更地に。跡地利用が住民注視のなか「ハローズ」が進出計画をすすめると、あっという間に金融機関や量販店が移転して因島南地域を中心とした商店街「因島モール」が出現した。

この影響で因島中庄町西浦地区・田熊町竹長区にあったスーパーなどが閉店または移転。利用客は戸惑いの声がしきり、合併による諸問題の計画も気になる晩秋の暮れである。

(村上幹郎)

解体がはじまった旧ユーホー因島店(田熊町竹長)

11月末で18年の幕を下ろすユアーズ因島店(中庄町西浦)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00