3月末ハローワーク統廃合 因島商工会議所で職業相談会とセミナー

尾道公共職業安定所(ハローワーク尾道)は3月末に因島出張所=写真=を統合した後に、4月から因島土生町の因島商工会議所を会場に職業相談会とセミナーを開催する。

ハローワークいんのしま

サービス低下

統合に伴って避けがたいサービス低下と利用者の負担増に対して、「最低限のことをさせていただく」(堀切正文因島出張所所長)というもので、出張してくる職員の数は4月1日にわかる。

相談会は当面、4週に2回、セミナーは4週に1回の予定。ハローワーク職員が因島に出張し職業相談と職業紹介をする。

このほか民間のキャリアコンサルタントがセミナーを開き、応募書類の作成と面接対策など、就職への取り組みと心構えを説明する。

離職者が雇用保険の給付を受ける場合、4週間に2回以上の求職活動実績が必要。相談会やセミナーに参加すると、その活動実績として認められる。失業認定の手続きの際には、住民登録をしている管轄区の職業安定所に行く必要があるが、それ以外は近隣島嶼部を含め、因島での相談会とセミナーで済ますことができる。

4・5月の日程

日程は2カ月ごとに発表される。4・5月の日程は次の通り。

4月9日(水)セミナー=3階ホール▽午前10時から同11時30分(受付、午前9時30分)
4月16日(水)出張相談=3階ホール▽午前10時から午後3時
4月30日(水)出張相談=3階ホール▽午前10時から午後3時
5月7日(水)セミナー=3階ホール▽午前10時から同11時30分(受付、午前9時30分)
5月14日(水)出張相談=3階ホール▽午前10時から午後3時
5月28日(水)出張相談=3階ホール▽午前10時から午後3時

出張相談で対応

因島出張所管内で求職活動をする離職者は現在、約150人。突然のハローワーク統合に対して昨年12月18日、因島商工会議所など15団体の連名による「存続を求める要望書が、広島労働局長あてに提出され、近隣島嶼部の強い要望が示された。

これに対して局長は、「利用者にご不便をおかけすることになる。出張相談などで対応する」と応えていた。

尾道市は、もともと本庁の商工課、しまなみ交流館などに求人情報コーナーを設けていた。上島町役場にもあった。

4月から因島総合支所や瀬戸田支所にも求人情報コーナーを設置。情報誌配布やハローワークインターネットサービスを検索できるようにする。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282