瀬戸田で初市議が誕生 過去最低の投票率76% 来年4月の改選にメド

瀬戸田選挙区の尾道市議増員選は過去最低の投票率76.28%に終わった。そのなかで区長会の応援を受け候補者を一本化した高本訓司氏が2632票でトップ当選を果たした。それに飯田照男氏1682票、脇本初雄氏1009票が続いた。

 3人の新議員は7日、議会内所属会派を決めた。高本訓司氏と脇本初雄氏が、最大会派である誠友会に加入したのに対して飯田照男氏は、因島の4議員とともに「しまなみクラブ」を結成し、幹事長になった。

瀬戸田選出の新議員にとって2月定例議会で早くも正念場を迎える。当初予算案にどこまで瀬戸田町の意向が反映してるか、である。

また来年4月の市議改選準備が始まる。過去の結果から判断して当選ラインは1400票台。したがって瀬戸田町から見れば、来年改選時における2議席確保についてはメドがついたと言える。第三番めの議席をどうするか、思案のしどころ。

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00