都市ガスから天然ガスへ 来年6月工事、8月供給 因の島ガス西浦工場で生産

因の島ガス株式会社(村上祐司代表取締役社長)は来年6月末から、従来から使用している都市ガスを天然ガスに切り替える工事を行う。供給開始は8月中旬を予定している。

因の島ガス株式会社西浦工場

工事対象地域は、土生町▽三庄町▽田熊町▽中庄町大山地区。5,600件余りの家庭が対象となる。地域を13ブロックに分けて、既設幹線導管を活用して順次転換を実施する。ガスの入れ替えのためにバルブの開閉を行う。各家庭のガス器具の部品取替えも行う。

都市ガスはブタンを原材料にし、天然ガスはメタンである。この入れ替えは大都市では20数年も前から実施されている。

同社の説明によれば、利点として次の3点があげられる。まず、安定供給と製造設備の効率化である。熱量も1.6倍になる。そのことによって、長期的にはガスが従来よりも安価に供給できることが見込まれるという。

つづいて安全性の向上である。天然ガスは、一酸化炭素を含まず空気より比重が軽いため、漏れても空中に発散される。このことで爆発や中毒に関する安全性が向上する。

環境問題にも貢献する。メタンもブタンと同じ化石燃料であるが、炭素の含有量が少ないため不純物ができにくい。その結果、二酸化炭素の発生量が少なくなる。

現在、同社西浦工場=写真=ではタンク2基、気化装置、ミキシングタンクなどを建設中である。

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00