第67回いんのしま駅伝万田酵素杯 444人が島内を疾走

初冬の因島路を走る、万田酵素杯第67回いんのしま駅伝競走大会(因島体育協会主催)が8日、67チーム444人が出場して開催された。

dc121218


発着点は万田発酵(株)本社前。午前10時30分に「一般」チームがスタートし、「中学校」、「女子」、「一般2部」、「小学生」がつづいた。

約200人のボランティアスタッフが、発着点や中継所などで大会を支えた。

白バイで走者を先導したのは、因島警察署巡査部長の益原猛さん。

各部門の成績は次の通り

【一般】

  1. 尾道市体育協会A

【中学校】

  1. 本郷A
  2. 三原第五A
  3. 本郷B
  4. 因島南
  5. 瀬戸田バスケットボール部
  6. 三原第五B

【女子】

  1. 三原第五中
  2. 因北中
  3. 瀬戸田中バレー部
  4. 重井中
  5. 因島南中
  6. 同卓球部

【小学生】

  1. 優勝
  2. 竹尋アスリートクラブ
  3. 長江子ども会A
  4. 新涯JAC―A
  5. 因北陸上A
  6. 福山ジュニア陸上クラブA
  7. 高須子ども会駅伝部A

【一般2部】

  1. タケヒロエーシー
  2. 走酔會
  3. メタボドリンカーズB

伝統の駅伝大会 継続へ装い新た

今年から大会名称が、「いんのしまフラワー駅伝」から「いんのしま駅伝万田酵素杯」に変更になり、発着点も、勤労者体育センターから万田発酵(株)本社前に変わった。

この変更は、今年で67回目となった「いんのしま駅伝」を装いも新たにして継続しようとする願いを感じさせる。

特別後援を行なった万田発酵(株)は大会への想いを次のように語った。

「戦後すぐに始まったこの駅伝は、因島の誇りであります。島の総意をよりいっそう集めて、大会の発展を支えていく必要を感じています。」

dc121214

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282