4月尾道市長選 平谷教育長が出馬表明 三連続無投票危惧の声

幼小中一貫校をめざす因南学園(仮称)問題が尾道市全体に波紋をひろげつつあるなか、その渦中にある平谷祐宏氏(53)が7日、教育長を辞職し尾道市長選への出馬を表明した。

平谷祐宏

経済界からの要請を受けて決断したとする同氏は、亀田市政の継承が基本と言う。引退表明の日程をさぐっている亀田良一市長も支持するコメントをだした。

ところが皮肉にも市民の最大の関心事は、今回も市長選が無投票になるかどうかである。亀田市政12年間の2、3期目は無投票であったことから、早くも3連続無投票を危ぶむ声が出つつある。これでは、「選挙を忘れた尾道市民」となるわけで、激しい首長戦が常識であった編入合併地域の住民にとっては違和感がぬぐいされないだろう。

4月統一地方選―県議選・市長選・市議選を新尾道市民の「心の一体化」のチャンスにしたいものだ。

平谷氏は向島町岩子島出身。山口大学教育学部卒業後、中学校教諭。高須小事件の収拾のため県呉・賀茂教育事務所長から尾道市教委教育次長に就任し、教育長となった。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282