虎ちゃん囲碁まつり 13路盤の役割

虎ちゃん囲碁まつりが27日(火)尾道市因島外浦町の本因坊秀策囲碁記念館で開かれる。秀策の幼名「虎次郎」にあやかって小中高生を対象に年1回春休み期間に尾道市囲碁のまちづくり推進協議会が開催、今回で15回目になるという。


鉄は熱いうちに打て―と幼少期から囲碁に興味を持ってもらおうという計らいから13路盤の種目も組み込まれて初心者から本格派と幅は広い。組み合わせによっては実力の差があり過ぎて不評を残すこともあり頭が痛い。小学生でアマ5段という少女もいれば高校生の初心者も参加する大会。

もともと碁盤はタテ、ヨコ19路であったものが近年、初心者向けの13路盤が開発された。昔は五目並べを囲碁の手習いにした人が多い。現代は碁盤の目を13路にして短時間で勝負が決まるという工夫もされてきた。

この傾向を女流プロ棋士に問いかけると「タライで水浴び、プールで基礎を教え、それから大海へ泳ぎ出す」という階段をのぼるのと同じです―と女性らしい解答。説得力十分だ。

(村上幹郎)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00