【カープ寄稿】「祝開幕三連勝」岡田源太郎(マリン歯科クリニック)

image_print印刷用レイアウトを表示

4月は始まりの季節だ。入学式や入社式、新生活へ期待を膨らます時期であると同時に新たなるスタートに向けて様々な不安を抱える時でもある。

昨年ぶっちぎりでセ・リーグ2連覇を成し遂げた我らがカープはというと、開幕3連勝というまさにこれ以上ないスタートをきってみせた。

「ふうん、3連勝か、まあ当然だよね」って、いやいやすごいことだから。これまでのカープだったらあり得ないから。なんか勝つことに慣れてきちゃってるんだよね。

出会った頃はあんなに好きだったオネエちゃんも自分のものになってしまうと、それが日常になってしまいありがたくなくなるあの感じ。

いわば祭りだ。ここ数年のカープの強さ、異常なまでの盛り上がり、熱狂、狂乱、歓喜、そして優勝。しかし何かを得るということは、何かを失うということであり、始まりもまた終わりへの第一歩なのかもしれない。

例えば昨年のMVP丸だ。早ければ来オフのFAの目玉だろう。全盛期を迎えているタナキクマルの間で「丸さんが行くなら次はおれもカープでますよ」「そだね~」という会話がキャンプ中にされたとかされなかったとか。

とはいえ今年に関して言えば昨年から戦力の流出もなく、故障などが重なったりせず順当に行けば、優勝は間違いない。これマジ。ガチ卍マジ。いくらなんでも気が早すぎるか。

始まったばかりのプロ野球。今シーズン終了時におれたちは一体どんな景色を見ているんだろう。さあ今年も毎日一喜一憂しようじゃあないか。

マリン歯科クリニック・岡田源太郎

【PR】村上海賊合戦絵巻 因島水軍城(2018.5.30まで)