一本の石蕗(ツワブキ)の花にぞ見とれたり年を重ねてわかることあり

大庭美代子
 晩秋のころ、黄色なツワブキの花が庭石の根っこにすっくと立っている。作者はこの花を呆と見ているのであろうか、よく「こころ其処にあらず」という言葉を聞くことがあるが、実際に本人はこの花を見ているのである。


 しかし心の中では連想が連想を呼びながらツワブキの花を通しての自分を見ているのである。いつの間にか年齢を重ね、今までには考えてもみなかった事柄や家族関係の有りようがおぼろげに見えて来たのかも。それは一本のツワブキの花がどうしたからというのではなく、目の前に灯を点したように咲いている花に「ああきれい」という胸底の中にふいっと湧いてきた知性と感情とか同時にないまざりながらのおもしろい歌柄となっている。
(池田友幸)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282