因島総合病院だより【9】地域の皆様とともに 杉本誠一郎(岡山大学病院呼吸器外科)

地域の皆様とともに

岡山大学病院呼吸器外科 杉本誠一郎

因島総合病院は大正6年12月9日に創設され、今年で開院100周年を迎えます。開院当初の診療科は内科、外科、眼科、歯科の4科であり、外科は開院以来ずっと地域に根差した活動を行ってまいりました。名誉院長であった外科の杉本誠起先生の退職後は、常勤医師こそおりませんが、今も毎日、外科を受診することができます。開院当初から岡山大学の応援を受けており、現在は古谷四郎先生や、岡山大学から大藤剛宏教授をはじめとした外科専門医が毎日交代で外科診療に従事しています。

当時の外科では、約25年前に100歳の女性の大腸ガンの手術にすでに成功していたり、ナイフでおなかや首を切られた人を救命するなど、大きな手術もしておりました。今は人手が限られているため、大きな手術はできませんが、手術が必要な場合には連携病院にご紹介して、しっかりとした協力態勢のもとで病気の治療に臨んでおります。

外科では、すり傷や切り傷、打ち身などのケガや、やけど、巻き爪、できものから、がん検診に至るまで幅広く対応しております。最近、芸能人の乳がんが話題になっていますが、高齢化とともに国民の2人に1人はがんになる時代と言われており、今やがんは誰もがなりうる身近な病気です。当院外科では、木曜日の乳腺外来で乳がん検診を受けることができますし、金曜日にも肺がんのCT検診を受けることができます。こうしたCTや、他の病院ではすぐに予約が取れないようなMRIを気軽に受けることができるのも当院の特徴の一つです。CTやMRIは、インターネットを介して岡山大学放射線科の診断も受けることができます。

高度な肺移植医療を支える岡山大学の医師が外科を担当しておりますので、これからもお気軽にご相談ください。

古谷四郎先生(左)、杉本誠一郎先生(右)と外科外来スタッフ達

  • 因島総合病院では7月29日(土)病院祭りを企画しています。疾病のお話や骨密度・血管年齢等、皆様の健康へのお手伝いが出来れば幸いです。ご相談等ありましたら地域連携室までお気楽にお尋ねください。
  • 100周年に向けて因島総合病院の昔の写真や関連するものを探しております。お持ちの方はご連絡をお願いいたします。電話0845-22-2552。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282