バスルーム、トイレ、キッチン、ベッドの視点それぞれ異なる海も小島も

矢野 五月
 この歌を詠みながら、作者はなんと風光明媚な場所に住んでいるのでしょうと感嘆の声を上げていることだろう。瀬戸内の島に一望の海や小島の見える。日本の家はみな四角で長いか短いか、凹凸があるかの違いがあるかの変化である。バスルームをはじめ、四つの場所からそれぞれに視点が異なるのは、視点と言ってもせいぜい九十度か百二十度の視点である。この家は真南を向いていても、東と西の端っこが入っているくらいかなと思った。島や海辺に住んでいる人の中にも滅多やたらにこのような風景を見ることの出来る家は少ない。都会に住んでおれば片側は自動車道で、もう一方はビルや隣家の壁であっても不思議はない。都会人から見ればうらやましい限りである。


 それぞれに四つの部屋から見た風景に遠近はないだろうが小島が右に左に真ん中に或いは二つの小島があるかも知れない。
 短歌には、そこに在る物、場所や見える物を並べ替え組み替えて作る作風もある。それはいかにも只事風な歌にもとれるが、何度も読みかえしてみると意外と違った物が見えてくる。それぞれの視点とは、寝て見る、ベッドに横になったときの視点である。座って見るとは、便座の上に鎮座しての風景である。立ったまま見えるのは、キッチン(台所)でお菜を作りながらである。バスルームは、ゆったりと体を泳がせながらである、日頃はなんとはなしにやっていることだが、それぞれに四つの名画の填ってある、島の風景を配した額縁である。それに春夏秋冬の変化も見せてくれるであろう。短歌とはその人の心の有りようでもある。
(池田友幸)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282