因島仏教会・法話の会 150人が聞き入る

因島市仏教会(加藤隆雄会長)の第7回説教・法話の会が4日、芸予文化情報センターであり、約150人の市民が参加し、3人の僧侶の話しに聞き入った。

小早川憲章師(正善寺・洲江)が「温故知新」、菅近憲文師(正立寺・土生)が「ありがとう」、後藤公己師(薬師寺・原)=写真=が「おかげさまの心」。

共通したテーマは生かされていることへの感謝の気持ち。人間は生まれたときから支える手が、差し伸べられている。大地、日光、動植物、様々な人のお陰で生かされていることに感謝したい。文明の発達によって、時間の余裕はできたかもしれないが、精神的豊かさは反比例しているのではないか。毎日、悲しい事件がつづく昨今。他の生命を安易に考える傾向が大人、子どものなかにあるのではないだろうか。感謝して、誰にでもできるほどこしを心がけたい。他人の話をよく聞くこと。優しい顔をすること。優しい言葉をかけること。見えないものを深く想う心、祈りのある生活を大切にしたい。

会場に設けられた土生住宅火災の義援金募金箱には約3万7千円が集まり、各寺院から寄せられた募金とあわせて13万余円が、罹災者の会に届けられた。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282