碁打ち探訪今昔四方山話【21】新発見 秀策揮毫の碁盤 三原の殿様下賜の逸品

80年ぶり里帰り
 これまで、本因坊秀策の遺品を収蔵していた因島外浦町の生家である桒原家をはじめ日本棋院関係者や地元研究者らの文献に三原城主浅野甲斐守忠敬公から贈られた碁盤が桒原家に存在していたという話はなかった。ところが、今になっていきなり因島の本因坊秀策囲碁記念館に東京都足立区の医師、島田忠彦さん(75)から「三原公が本因坊秀策に贈ったと思われる碁盤を寄贈したい」という申し出があった。


 持ち込まれた碁盤の裏側には

従 三原君賜所也
争先 決勝 国手 神機
安政(月)丁巳初秋
十四世 本因坊跡目
秀策  印

とある。
 さらに秀策揮毫の年月日は4度目の帰郷で

「我が藝藩三原城主浅野氏」より。叔父秀策に下賜された。碁局(盤)の銘なり、秀策没後、因嶋重井村里正(庄屋)村上八太郎勝延が、親姻の故を以って、請うて、これを蔵す。私は秀策が没する年に生まれたので、其の由緒を記述しようにも、素より、其の詳細を直接知ることはできません。唯旧記に戴す所と、我家の口碑とに処り。其の小記を記述す。昭和五年庚午仲秋。六十九叟(おきな=歳)桒原信司」

と添書がついているので専門家の鑑定に依頼せずとも”本物”だろうということになった。
 世が世であれば領主のお殿様下賜の一品として家宝にしていたものだろうが徳川時代も遠くなった昭和五年秋の話だから80年も前の話である。
 その後、重井村の庄屋、村上八太郎勝延さんから因島病院の初代院長だった上島町佐島出身で重井村長だった田中猪太郎さんにその碁盤が渡り、さらに一族の岡山医大名誉教授田中早苗さんから東京の島田さんにゆずられていたのが80年ぶりに元の持ち主に戻ってくるという奇遇な話に心のあたたまりをおぼえた人は少くない。
 贈呈式には島田さんと美紗子夫人(67)が出席したが「夫婦そろって囲碁を好んでいるということもあってか、24年前に叔父で恩師で仲人の故田中早苗教授から碁盤が送られてきました。素材は高価なものではありませんが由緒ある一品なのでキズをつけてもいけないので扱いに困り押入れに所蔵していました。どういうことで私の手元に渡ってきたのか理由などわかりませんが収まるところにお返しして故郷の皆さんに喜んでいただき、いまはホッとしています」と島田夫妻は安堵の表情。なによりもホッとしたのは三原公下賜の碁盤だったのではなかろうか。
(庚午一生)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282