因瀬クリーンセンター 焼却炉2基等改修完了 二酸化炭素削減に成果

image_print印刷用レイアウトを表示

 

因瀬クリーンセンター(尾道市因島重井町)の基幹的設備改良工事が完了し、完工式が13日行われた。新施設は4月から運用が始まった。

平成2年11月供用開始から27年が経過し、主要な設備は耐用年数を超えて、経年劣化が著しく進んだ。

長寿命化計画を策定し、平成27年7月から工事を開始し、3月30日に完成させた。延命化の目標は15年延長の平成44年度(2032年)。総事業費は約27億2,000万円。

バグフィルタ(集塵装置)に変更することで、二酸化炭素削減目標を3%以上とした。昨年11月の検証では、瞬間的ではあるが、12.93%削減の値が出た。


2号炉バグフィルタ(集塵装置)

式典には平谷祐宏尾道市長、吉田尚徳議長、松浦幸男県議や地域住民が出席し完成を祝った。その後、焼却炉や中央監視操作盤など場内を見学した。


中央監視操作盤

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282