因島ウォーキング大会 西田篤史さんとともに557人が島めぐり

image_print印刷用レイアウトを表示

第5回記念因島ウォーキング大会が3日、テレビでお馴染みの西田篤史さんを迎えて行なわれ、参加者557人が2コースに別れて島めぐりを楽しんだ。

Aコースは、「あっちゃんと歩くスイーツ散策コース」。アメニティ公園を出発し、西田さんといっしょに因島名物のスイーツを食べながら329人が5キロを歩いた。

Bコースは、「海を渡ろう!因島半周コース」。生口橋往復など島の名所をめぐる20キロを228人が歩いた。

参加者は広範囲に集まった。島内175人、島外が382人。尾道市内が269人、市外288人。遠方では鳥取、鹿児島、山口、東京からの参加者もいた。

西田さんは庄原市出身で同市のふるさと大使をつとめている。この日は、庄原キャラクター「ヒバゴン」同伴でやってきた。はっさくん、万田の大根のだいちゃんといっしょに参加者と交流した。西田さんが司会者とともに進行役をかってでて開会式は、笑いと拍手で大盛り上がり。

その勢いで参加者は出発。入口近くでは重井小学校トランペット鼓隊が演奏し、皆を励ました。

コース沿いでは、大浜区長会、重井区長会、田熊区長会が参加者全員に差し入れをした。

西田篤史さんのFacebookより↓

【PR】村上海賊合戦絵巻 因島水軍城(2018.5.30まで)