平山郁夫美術館 特別記念展 14日(土)夕「 二胡コンサート 」シルクロードのしらべ

行七歩 平山郁夫美術館は新収蔵品「行七歩」=写真=公開記念特別展「仏の来たシルクロード」を11月30日まで開いている。14日(土)は午後6時30分から同館第3展示室で特別記念イベント二胡コンサートを催し平山郁夫の作品を背景にシルクロードの調べを聞きながら芸術の秋の夜に浸る。


 新公開の「行七歩」は平山画伯が昭和37年(1962)春の院展出品作。釈迦が誕生したとき、東西南北に行くこと七歩。天上天下唯我独尊といったという仏伝を、画伯の長男が生まれた時に、そのイメージを描いた。そして10数年後、インドの釈迦生誕の地を訪れたさい西の空がこの作品の背景と同じあかね色に染まっていたことに驚いたという。
 今回は平山郁夫が仏教発祥地のインドを夢見て描いた初期の仏教伝来シリーズから後年シルクロードの現地取材を繰り返しながら遺跡・仏像を描いた作品、そして終着点である奈良での大仏開眼供養法要を描いた大作まで集められている。制作年代でいうと、昭和36年から平成16年までの約40余年の創作道程を概観できる。
 会期中無休。午前9時午後5時(入館4時30分)入館料一般800円、大学高校400円、小中200円
シルクロード喫茶メニュー
 館内の喫茶オアシスも平山郁夫が歩いたシルクロードをテーマに珈琲、紅茶やバーミヤン地方の飲み方のチャイを用意。香り高いシルクロードのオリジナルメニューに一新。14日の特別記念イベントとして広島市幟町イタリアンレストラン・リベロオーナーシェフ西谷栄人さんによる和牛の脛肉赤ワイン煮シチューと厳選された素材の天然酵母パンセット(1650円)が限定食用意される。
 午後6時30分からの二胡コンサートは医学博士で二胡音楽院院長、姜暁艶(ジャンショウイエン)▽チェロ乗本幸▽シンセサイザー上木ひろみ▽ハープ石野真知子氏の各氏。終演は同8時の予定。入場料1500円(入館料含む)問合せは電話0845-27-3800。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282