看護介護支援ホーム「しまかぜの丘」が開所 初めての複合型サービス

因島医師会の看護介護支援ホーム「しまかぜの丘」が4月、同病院敷地内に開所し、尾道市内で初めて複合型サービスを開始した。

複合型サービスとは、24時間365日の運営で、「デイサービス(送迎・入浴・食事付きの通い)」を中心に「泊まり」「訪問看護」「訪問介護」を柔軟に組み合わせたもの。

利用定員は29人の登録制で、デイサービスは18人以下、泊まりは5人以下。食事はおやつを含めて季節感を取り入れたてづくり。ウッドデッキからは光る海と生口橋が見える。

施設長は藤井温さん。「病気をして介護が必要になっても、住み慣れた自宅で安心して生活する」という課題に真正面から取り組むと語る。

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00