ふるさとの史跡をたずねて【6】妙泰神社(因島土生町明体)

妙泰神社(因島土生町明体)

ここで舞台を土生に戻す。釣島箱崎浦の戦いの話はまだ続いているのである。

中庄茶臼山城主は大鳥義康で、その弟が大鳥宗義であった。この妙泰神社はその宗義の妻、妙泰夫人を祀ったものである。対潮院の西側、駐車場のあるところ。田熊へ抜ける峠道沿いの石段の上にある。

この峠のことを「土生越え」とか「妙泰越え」と言うそうであるが、土生の人が土生越えと言うことはないだろうから、田熊側からの呼び名だろう。土生側からなら田熊越えであるが、そう呼ばないのなら妙泰越えと言うことになる。妙泰夫人は土生側から田熊のほうへ逃げようとしたのだろう。そして、この地で力尽きた。

今は切り通しになっているが、当時はもっと高かったと思われる。車で通ると高さが気にならないが、歩いてみるとかなり高い。妙泰夫人は甲冑をまとい、城主義康の影武者として戦った。この峠を越えていれば戦況は変わったかもしれない。妙泰夫人の無念さに多くの人が思いをよせたことだろう。

妙泰夫人の願いは叶えられなかったが、妙泰神社に祈願すれば、女性のあらゆる願い事が叶えらると言われ、多くの人に信仰されてきた。

(写真・文 柏原林造)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282