行く年 来る年 来年はよい年でありますよう― 酉年に願いを込め迎春準備

掲載号 04年12月25日号

前の記事: “傍目八目
次の記事: “謹賀新年 新春を壽ぎ皆様方のご多幸をお祈り申し上げます

 あいつぐ火災、高潮被害に見舞われた平成16年はのこり1週間。「来年こそはよい年でありますように」と、祈りを込めて土生町の大山神社では巻幡俊宮司ら神社職員総出で初詣の準備に忙しい。

猫の手も借りたい縁起物づくりに大わらわの大山神社

 縁起物の破魔矢、熊手、干支張子などがつぎつぎそろえられ、参拝者を迎える。時代の流れで、破魔矢も色とりどり。オレンジと黄色も新しく加わった。一番の人気はピンクだという。

 元旦午前零時をもって巫女舞、獅子舞を奉納。福を招くお餅やお神酒がふるまわれる。初詣とは、元旦から2月3日の節分までの期間の参拝をさす。家内安全、開運厄除、無病息災、商売繁盛などを願った、約1万人が島内外から訪れる。

E

トラックバック