高濱八幡神社と京ノ小島(弓削島・上弓削)


家老渡フェリーで因島から往復400円♪自転車で弓削島に行ってきました。今日はあいにくの雲空。だけどサイクリングにはちょうどいい気温で日焼けの心配もなくのんびりまわることができました。
港について最初に目についたのは「観光案内の掲示板」。どっちに行こうかなと少しだけ考えて左に行くことにしました。
「案内だとこちらには神社があるはず・・・。」
ゆっくり進んで見えてきた神社は浜辺にたたずむ落ち着きのある風情たっぷりの神社で「高濱八幡神社」と書いてありました。
ここもとっても楽しそうだったのですがその先の小島が気になった私はさらに奥へと進み小島と神社を自分なりに描いたのでした。のんびり流れるしまなみ時間はどうしてこんなにも心癒されるのでしょうね。楽しいだけじゃないもっと奥深くからの魅力がこの場所にはあるような気がしました。
そしてこの時はこの小島がどんな島かもわからずに、ただただ美しい景色に目を奪われ楽しい楽しいお絵描きをするのですが、これだけでは私の弓削島探検は終わりません。トキメキや発見を求めてさらに奥へと進むのでした♪
小島の名前は「京ノ小島」といいます。昭和56年、皇太子殿下の浩宮さまが見学に来られたことで有名だそうでカメラマンの方なども景色の奥ゆかしさからよく写真を撮って帰られ るそうです。

http://www.yuge.ac.jp/yugeshimasho/koutaishi/

最近では尾道がロケ地でおなじみの「男たちの大和」の映画に出演された中村獅童さんの奥さんでもある竹内結子さんがここを訪れたそうで東日本でCMで流れたそうです。う~ん知らなかった・・・。ちなみに教えてくれたのはこの旅の最後に出会った高濱神社の宮司さんです。宮司さん。沢山お話聞かせてくれてどうもありがとうございました♪

後半へ続く・・・。

筆者紹介

ぽちょ
ぽちょ
はじめまして、「ぽちょ」です。毎回しまなみのいろんな所に出かけて、イラストや文章・ポエムを描くことになりました。この連載がきっかけで多くの方々に私の作品を観ていただけることを嬉しく思っています。いつもは家で描くことが多いので外で描くのはとっても新鮮。色彩豊かな風景やそこに暮らす人々にいつも様々な感動を味わっています。どうぞ宜しくお願いします。

「ぽちょ」とは? – art&poem potyo について

芸術活動をするにあたっての自分の名前 のようなモノ。絵と詩が活動の中心です。なので皆さんには絵や詩を描 いている私のことを「ぽちょ」だと思ってもらって覚えてもらえれば本当に嬉しいです。

2 thoughts on “高濱八幡神社と京ノ小島(弓削島・上弓削)

  1.  うちの奥さんのおばあさんが弓削の隣の佐島の人で時々行ってます。京ノ小島に今度行ってみたいです。

  2. ぽちょ より:

    海水浴が出来るなら夏に泳ぎにいきたいですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA