家老渡フェリー乗り場(因島三庄町)

あけましておめでとうございます(^^) 久しぶりのぽちょ歩絵む。楽しいお絵描きタイムでした。外の方がやっぱり心が穏やかになりますね。
近所のフェリー乗り場を描いてきました(^^)
渡った向こう側は愛媛県、弓削島です。


最初、防波堤の先っぽには大きな鳥がいて、絵になるのでそれを描いていたのですが、釣り人さんがやってきて、そこで釣りを仕始めたので、鳥は画用紙向こうの工場の方に飛んでいってしまいました。(笑)
ぽちょ歩絵むを始めてもうすぐ一年になりますが、釣り人の多さには前々からびっくりです。
それだけ良く釣れるってことなんでしょうかね??
この空気。
この穏やかな空気。
わっはっは。
今年もよろしくお願いします。

筆者紹介

ぽちょ
ぽちょ
はじめまして、「ぽちょ」です。毎回しまなみのいろんな所に出かけて、イラストや文章・ポエムを描くことになりました。この連載がきっかけで多くの方々に私の作品を観ていただけることを嬉しく思っています。いつもは家で描くことが多いので外で描くのはとっても新鮮。色彩豊かな風景やそこに暮らす人々にいつも様々な感動を味わっています。どうぞ宜しくお願いします。

「ぽちょ」とは? – art&poem potyo について

芸術活動をするにあたっての自分の名前 のようなモノ。絵と詩が活動の中心です。なので皆さんには絵や詩を描 いている私のことを「ぽちょ」だと思ってもらって覚えてもらえれば本当に嬉しいです。

6 thoughts on “家老渡フェリー乗り場(因島三庄町)

  1. かわよし より:

     この場所好きです。弓削大橋が可愛いですよね。
     妻の母方の実家が佐島にあり、因島からわたるのに「家老渡フェリー」を時々利用します。昨年はパソコンのメンテナンスの仕事もあり、5回くらい乗船しました。
     因島大橋がかかり、以前ほど頻繁に船を利用しなくなったせいか、フェリーにのると自分が島人(しまなみんちゅう)だと言うことを再認識しますです。

  2. りゅうりゅう より:

     初めて拝見しましたが、家老渡フェリー乗場のコメントがあり、懐かしさでつい涙ぐんでしまいました。
     現在は東京で家庭を築いていますが高校時代まで三庄9区の
    家老渡の近くに住んでおり、父親と一緒に釣りをしたのを覚えています。
     今は実家も広島に移ったのですが9区のスーパーはまだ営業
    しているのですか?私が住んでいた時は19時には閉まっていたような記憶だったものですから・
     まだ妻と一緒に因島を訪れた事がなく、早く因島の美しい
    島なみの風景を見せてあげたいな。
     ところで母校の旧因高の校舎はまだ形だけでも残っているのかな?

  3. ぽちょ より:

    >かわよしさん
    弓削大橋いつか渡ってみたいと
    常々思っています。
    私もここから弓削へ渡るのが楽しいですね。
    向島から尾道へ渡る感覚に似ていると思います。
    温水プールが近いので
    家族で一度行った事があります。

  4. ぽちょ より:

    >りゅうりゅうさん
    はじめまして。
    三庄の雰囲気は昔ながらで
    好きです。
    近所のスーパーもまだ営業してますよ。
    よく通っています。
    のんびりしていて大好きな空間です。
    隣の床屋さんも
    相変わらずクルクル廻っていて
    窓越しのテレビから相撲中継なんかが
    流れてます。
    私はそこを通るたびに
    「あぁ、昭和だ。」と感動してしまいます。
    高校は解体が進んでいるようで
    コンクリートと骨組みだけになっているみたいでした。
    いつかご家族で来れる日が来ると良いですね。
    コメントありがとうございました。

  5. りゅうりゅう より:

    >ぽちょさん、お返事ありがとうございました
    スーパー横の床屋の事まで教えていただき、少し懐かしい記憶が甦ってきました。
     
    家老渡に住んでると旧因高まで方向が真反対なので、気分に
    よって土生方向か、三庄方向か変えていました。
    おかげでどちらを通っても瀬戸内海を眺める事ができたのですがね。それを話すと山育ちの妻は羨ましいと目を輝かせていました。
    そういえば太刀魚のブログを見て思い出したのですが、土生の
    箱崎あたりの港(市民会館の近所)に干しタコって吊ってましたよね、確か。
    妻にその事を話し、ネットでその画像を見せると
    「面白いね。干して食べる事も出来るんだぁ! 」
    軽いカルチャーギャップで笑ってしまいました。
    よろしければ干しタコが一番たくさん見れる時期と因島ならではの干しタコ絶景スポット教えていただければ光栄です。
    長文で申し訳ございませんが、私たちのように生まれ故郷から
    離れて暮らしている者たちに、ほっと和めるプログとイラスト
    今後もお願いします。
     

  6. ぽちょ より:

    りゅうりゅうさんへ
    こんにちは。
    家老渡はどちらに曲がっても
    ちょうど半分くらいなので
    私も実は気分でいつも変えています。
    干しタコはやはり箱崎の道路沿いで見る事が多いですね。
    ひらひらと空を飛んでいるタコは(海のタコ)
    やはり独特の景色ですね(^^)
    あそこを通るたびに
    気になっていつもいつか食べたいと思います。
    因島も色々と変わってはいますが
    変わらないものも数多くあると思います。
    私達なりにしまなみの魅力を発信していければと
    思っております(^^)
    今後ともどうぞよろしくお願いします(^^)♪
    ありがとうございました。

ぽちょ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA