かわパソな一日

今朝は歩泰朗さんの烏骨鶏に会うことから始まった。
SN260-2.jpg
歩泰朗さんの烏骨鶏の鶏舎はぜんぜん臭いがない。なんだか因島内にこんなとこがあるなんてと緑の中の素敵な空気でした。
旦那曰く、歩泰朗さんは因島で一番にネットのビジネスに成功した人。


それからせとうちタイムズの配達へ。因島市最後の市会議員選挙の結果の載った新聞を配るのだ。
SN26-09(2).jpg
つぎは、はっさく屋の預かりパソコンをもってお店へ。
インターネットの申し込み作業など、旦那がしていた。ホームページについては”わしの顔がですぎとる”というダメだしが柏原伸一師匠より。。うーん受けるキャラと思い、使いすぎた。みなさんが載るよう気をつけよう!(上の写真はパソコンを持っていったが設置スペースを作ってないので設置はまたの機会に。手前には注文により東京へ旅立つはっさく大福の荷が待機していた。)
SN260-12(2).jpg
そして、急いで帰って大西さんと進行中のお仕事の打ち合わせ。大西さんは大阪人で東京の大手PR会社でバリバリお仕事されていたツワモノ。仕事で日本中を飛びまわっているので、どのお話もどこかの都会でセミナーに参加してる気分。とっても勉強になる。
仕事の話も終盤に雑談をしていたら、大西さんがブログで紹介している瀬戸田の『Kitchen Boogie』について話してくれた。
”今日の夕飯に行ってこようか!”と単細胞の川野家仲良し3人組は、さっそく瀬戸田へ向かったのだ。

川野りかの日記 しまなみ海道因島で旦那と三人娘とのんびり暮らしています。 1970年広島県尾道市向島町生まれ。 主婦、三児の母。
投稿を作成しました 518

かわパソな一日” に 2 件のコメント

  1. 烏骨鶏が、たくさんいますね。
    因島に、そんなところがあるんですね。
    かわパソさんや らまさんのブログをみていると、いろんな情報がわかってたのしいです。

  2. この鶏舎、いくつかあって緑の中のすごいいい感じだったのだけど、この日は書きたいことがいっぱいあって鳥骨鶏さんは一枚の写真となってしまった。
    私も他の人のブログみていろんなとこにいっちゃいます。たのしいよね。

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る