見どころ1

midokoro

見どころ

本殿

本殿
田熊八幡宮の本殿は、1827年(文政10年)火災により全焼。1835年(天保6年)再建、1858年(安政5年)8月に上棟された。
三間社流れ造りで、かご彫りや鳥類の彫刻など文化財としても高い評価を得ている。因島では随一の木造建築物である。
2002年(平成14年)2月、尾道市重要文化財指定。将来は広島県の重要文化財に申請する予定である。

懸魚・斗供等の彫り物細工

本殿の軒下の懸魚(けぎょ)斗供(ときょう)等の彫り物細工が素晴らしいもので、広島大学、(公財)文化財建造物保存技術協会からも高い評価を受けている。

彫り物細工
彫り物細工
彫り物細工
彫り物細工

 天保6年竣工の歴史ある墨書

墨書
墨書
墨書

狛犬

拝殿前の狛犬の尾が特別に大きく全国でも珍しいものである。

狛犬
狛犬

大二鳥居の前の狛犬の耳が垂れている。大変珍しい。

狛犬
狛犬
 

表参道

長さ146メートルもあり、威風堂々とした宮の景観を誇っている。

表参道
HOME | 見どころ1
ご祈祷
月参り

田熊ニュース


※地元紙せとうちタイムズより尾道市因島田熊町のニュースを抜粋して掲載しています。