ごあんない

about
亀甲山田熊八幡宮
 

神域は因島田熊町の中央丘陵地(面積8414.62坪)にあり、古木各種繁茂し神社の由緒ある神聖が保たれている。民の精神的拠り所となり、大地が安らかなることを希求し現在に至る。

 
 

御祭神(主祭神)

仲哀天皇

第14代天皇、帯中津日子命(たらしなかつひめのみこと)

応神天皇

第15代天皇、品陀和気命(ほんだわけのみこと)

神功皇后

仲哀天皇の皇后、息長帯日売命(おきながたらしひめのみこと)

 

ご祭神の応神夭皇・神功皇后は共に、大陸の文化を我が国に輸入し、古代にあって日本の文化と経済の興隆をはかられ、文化と経済の守り神様です。仲哀天皇・神功皇后と応神天皇とは親子であり、親子の守り神様としても仰がれています。

 
 

御祈願

方除、病気平癒、交通安全、安産、初宮、厄除、開運、商売繁盛、合格祈願、家内安全等の諸祈祷を受け付けております。

 
大頭神社

天照大御神

日(太陽の)神様、国民の総祖神

高良神社

高良玉垂命・住吉大神

厄除けの神、延命長寿の神、交通の守神

松尾神社

大山咋神・中津島姫命

農業・水の神、山と酒造りの神、海上・旅行安全の神

猿田彦神社

猿田彦命

導きの神道開きの神眼力の神、交通の守護神

 
 

宮司の言葉

宮司
亀甲山八幡宮の宮司を拝命しております巻幡(まきはた)と申します。八幡さんの一字を名字に頂いております。

このたび、八幡宮のホームページを開設するに当り、このページに訪れて下さいます皆様と八幡の神様のご縁を結び、神様の御力を頂かれます方が一人でも多くなられ、神様に対するご理解を深めて頂く機縁となりますようお祈りし、ご挨拶とさせて頂きます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

(平成25年3月25日)
 
 
 

社歴

1206年以降 
鎌倉時代の 
始め頃

現在の本殿裏にある高良社(左)、大頭社(中)、松尾大社(右)を三社明神として創建されました。

高良社
大頭社
松尾大社
1339~1344年
暦応・康永年間 
(南北朝時代)

筑前筥崎(はこざき)八幡宮の御分神が因島土生の箱崎浦浜(因島市民会館上り口元橘商店の前の方)に漂着。最初これを田熊宮崎の山頂(現在因島四国八十八カ所60番札所横峯寺付近の山の上の方)に奉還しました。
ところが『夜な夜なうなり、泣く音ともつかぬ音が、宮崎の山中に響いた』ので、里人は恐れ鎮座場所が悪いのだと思い、竹島城主村上直吉と父敬吉が大檀家となって、現在地の亀甲山大頭明神(三社明神)の前の段に奉還し、亀甲山八幡宮として社殿を築造したのが始まりとされています。

1430年
(永享2年)

因島村上系譜によれば、中葉村上大炊頭顕長が伊予国より来りて因島青影山に築城し、嗣子蔵人助備中守吉資が田熊村八幡宮を再建したとある。

1549年
(天文18年)

棟札によると、村上敬吉・村上直吉を大旦那にして本殿再建立が行われている。神域並・社殿拡張をしたので、立派な「八幡宮」としての位がそなわりました。

1827年
(文政10年)

本殿が火災により全焼。

鳥居タトの方二尺の自然石上に神がうずくまられているのを神職・村民が拝見し、以来「神鋸石(しんきょいし)」として崇敬されている。

神鋸石

1835年
(天保6年)

本殿再建

本殿再建
1858年
(安政5年)

拝殿、祓殿等再建

1897年頃
(明治30年頃)

鳥観図が作成されました。

鳥観図
1967年
1月17日

還暦記念羊同窓会

還暦記念羊同窓会
還暦記念羊同窓会
1971年
昭和46年3月

旧拝殿(元絵馬堂)の写真

旧拝殿
1977年
(昭和52年)

昭和52年度41歳厄除祈願写真

厄除祈願
2002年2月
(平成14年)

本殿が尾道市重要文化財指定

航空写真

 
GoogleMapより。現代の鳥観図です。

HOME | ごあんない
ご祈祷
月参り

田熊ニュース


※地元紙せとうちタイムズより尾道市因島田熊町のニュースを抜粋して掲載しています。