一眼あり 海上王國 因島水軍まつり(公式ホームページ)

火まつり

  • HOME »
  • 火まつり

武者・跳楽舞をはじめとする、見て参加して感動するまつり

日時:2017年8月26日(土)17時~(花火は20時45分~)
場所:因島アメニティ公園・しまなみビーチ

◎因島水軍まつり3部構成の第2弾。火に照らされた夜の海辺砂浜に、水軍跳楽舞(ちょうらくまい)、鎧武者が集結。大松明の練りまわしがあり、クライマックスに花火が打ち上がります。

◎会場ではたくさんの露天屋台が出店します。水軍まつりマフラータオルなどの因島水軍まつりグッズも販売されます。

◎インターネットで生中継します。視聴はコチラ↓(16:30頃~)

※中継は本格的なものではなく家庭用カメラ1台とMVNOシムを使用したポータブルWi-Fiルーターで行います。
※会場の回線の混み状況で中継が度々切れます。あらかじめご了承ください。(大筒花火の時間帯が特に切れやすいです)雨天により中継を中止する場合もあります。

コチラからもご覧になれます ⇒ [USTREAM/innoshima 因島観光協会]

火まつりの大筋の流れ

◎水軍まつりの三本柱、「水軍武者」「跳楽舞」「小早」が集結します。
◎警護衆と呼ばれた村上水軍が任務を終え島に帰還することが小早一番隊によって知らされます。
◎島人たちの喜びの跳楽舞が始まります。
◎水軍武者の入陣。松明に照らされ砂浜に陣を張る姿、小早隊の浜への入陣は圧巻です。
◎大松明の火にて清められた会場の空に「大筒花火」が打ち上げられます。(20時45分~)
◎会場が一体となる跳楽舞「喜びの総踊り」で幕を閉じます。

衣装の武者鎧兜について

武者鎧兜は丸武産業が製作。1枚1枚手で打つて作ります。設計図は存在せず、職人は何十種類もの甲冑の仕様を全て記憶しています。一つの甲冑に述べ20人以上の熟練職人が携わつて作りあげる鎧は、まさに世界へ誇る日本の伝統技術です。

アクセスマップ

場所:因島アメニティ公園・しまなみビーチ

しまなみビーチ
  • 【本州方面より】しまなみ海道「因島北IC」より車で約5分
  • 【四国方面より】しまなみ海道「因島南IC」より車で約10分

お問い合わせ先

  • 因島水軍まつり実行委員会(因島総合支所しまおこし課内)TEL0845-26-6212
  • 因島水軍まつり島火部会事務局(因島商工会議所内)TEL0845-22-2211

火まつり当日のお問い合わせ先

  • TEL0845-24-2513(火まつり当日のみ)

海上でのお願い

  1. 打上場所を中心として、半径150m以内は危険防止区域です。一般船舶は立ち入らないでください。
  2. 現場においては、巡視艇や警戒船の指示にしたがってください。
  3. 小型船操縦者は法律で定められた遵守事項を守りましょう。
  • 酒酔い等操縦は禁止されています。
  • 救命胴衣を着用しましょう。
  • 海難事故は、花火終了後の帰途時に多く発生しています。先を争う事無くスピードを落し、安全運航に努めてください。
PAGETOP
Copyright © 因島水軍まつり All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.