尾道市因島・瀬戸田地域の週刊新聞
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • »
  • しまなみ海道

しまなみ海道

しまなみ海道 2017年度ゴールデンウィーク交通渋滞予測発表

本四高速は、ゴールデンウィーク(4月28日~5月7日)10日間の交通渋滞予測を発表した。しまなみ海道(西瀬戸自動車道)は次の通り。 5月4日(木) 【上り】大三島IC→尾道大橋出入口(向東BS付近)13時~19時。ピーク …

尾道大橋【3】旧橋は無料、新橋は有料

瀬戸内海の中央に架かる本州側の発着点尾道市―向島間は約200メートル。これまで向島住民は渡船を生活道路の一部として運航。国道旧大橋は317号2車線、高速50キロの有料だった。開通当初の通行料金は原付・自転車10円▽軽自動 …

尾道大橋【2】橋と政治

架橋工事にかかわる伝説や実話は、どこの地方にもあるものだ。その昔は工事が難航すると人柱をたてた話が伝わっている。 最近は、というと架橋完成後の渡橋料金をめぐって政治家の”具”に利用されるようになっ …

尾道大橋【1】無料化で慢性的に通勤ラッシュ 早急に解消する手当てはなし

平成の合併や尾道―松江間の中国やまなみ街道開通で車の流れが変ったようだ。特に紅葉シーズンともなれば瀬戸内しまなみ海道と山陽自動車道が交わる十字路として尾道市の拠点性が高まってきた。 これまでの園芸ベルト構想の旗を振り、向 …

瀬戸田町で島づくり会議

これからの因島・生口島について考えようと、「まぜこぜ島づくり会議」プレビュー会が12日、瀬戸田市民会館で開催された。 島を衰退させてはいけない、よりよい島をめざそうを合言葉に農業、民生委員瀬戸田高校島おこし事業部など12 …

大三島「瀬戸内の未来シンポジウム」 村上美香さん登壇(因島重井町出身)

2014年に開催予定の瀬戸内しま博覧会(仮称)開催にむけた「瀬戸内の豊かな未来を考えるシンポジウム」が11日(木)午後1時30分~同3時30分、大三島の村上三島記念館で開催される。主催は、愛媛県、松山市、今治市、上島町。 …

森本りゅう著(大三島出身)「しまなみ人の風景」魅力とスピリット描く

瀬戸内に住む人々の魅力とスピリットを一冊の本にまとめた「しまなみ人の風景」(森本りゅう著)が9月25日、出版された。A5判96頁で定価1200円。啓文社系書店またはインターネット(アマゾン)で販売。 著者は、1961年今 …

明暗表裏の夢の架け橋 しまなみ海道全線開通 そして・・・橋桁になる島々

海の玄関、尾道市を起点として芸予諸島の住民が一体となって鐘や太鼓で「夢の架け橋」建設促進運動に取り組んで約半世紀。99年5月1日、本州四国連絡橋3ルートのうち広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ西瀬戸自動車道「瀬戸内しまなみ …

しまなみ海道全通後の不安 さめた架橋ムードに恨み節

島しょ部住民が「夢の架け橋を」と、30年余かけ官民一体の陳情を重ねて建設された瀬戸内西瀬戸自動車道。1999年5月に本四連絡橋尾道―今治ルートが開通。全国応募により「瀬戸内しまなみ海道」と愛称が名付けられた。島と島を10 …

カテゴリー

バックナンバー

  • facebook
  • twitter
かわよしパソコンサービス
虎次郎は行く
因島空襲

ニシハラプラネッツ

株式会社ニシハラプラネッツ

環境設備の販売・工事・コンサルタント業務(尾道市因島重井町)

工場建設の高松建設

工場建設の高松建設

おかげさまで創業50年(尾道市因島土生町)

手打ち十割蕎麦とわり

手打ち十割蕎麦とわり

北海道産のそば粉ときれいな水で打った十割蕎麦をお出ししています。
◎福山市船町5-8
◎電話084-922-3293

PAGETOP
Copyright © せとうちタイムズ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.