尾道市因島・瀬戸田地域の週刊新聞
記事

私の瀬戸田日記

私の瀬戸田日記【9】春、桜と霧につつまれて

去年の今頃、仕事の帰りに千鳥ヶ淵へ夜桜を見に行った。運転免許に合格した次の日で、まだ協力隊に応募していないのに気持ちはすでに瀬戸田にあった。東京の花見はこれで最後だと勝手に感傷に浸り、その気持ちも相まってか、とても綺麗な …

私の瀬戸田日記【8】猫と母と私

3年前、友人から猫を譲り受けた。産み落とされたまま草むらで虫の息だったところを拾われ、その後奇跡的な回復をとげた生命力と運の強い子だ。茶トラの男の子で甘えん坊でちょっとどんくさいのが可愛くて溺愛していたが、東京を出る時一 …

私の瀬戸田日記【7】移住のハードルを下げたい

移住のハードルを下げたい 半年間参加してきた「たちまちチャレンジ講座」の発表会が先日行われた。この講座は尾道で実現したい想いをカタチにするために、講師と受講生たちが切磋琢磨しながらマイプランを磨いていくもの。私のプランは …

私の瀬戸田日記【6】1年の振り返りと新年の抱負

1年の振り返りと新年の抱負 新年あけましておめでとうございます。早いもので瀬戸田へきてから半年。2016年は変化の年だった。協力隊採用を皮切りに離職、引っ越し、車取得。細かい点だと髪を数年ぶりに伸ばしている。 様々な体験 …

地域おこし協力隊 全国大会に500人

第3回地域おこし協力隊全国サミットが11月27日、東京で開催され、500人が参加した。 これは、全国で活動する協力隊員やOB、OGの交流と活動発表、さらに情報発信の会議。尾道市瀬戸田町からは森聖羅さんも参加した。 里山資 …

私の瀬戸田日記【5】しまなみハイウェイ・夜空につづく(2)

しまなみハイウェイ・夜空につづく(2) 前回に引き続き運転シリーズ。このサブタイトルはユーミンの名曲「中央フリーウェイ」の歌詞が由来。母が聴いていた影響でユーミン、特に荒井由実時代の曲が大好きで、中でもこの曲が一番のお気 …

私の瀬戸田日記【4】しまなみハイウェイ・夜空につづく(1)

「しまなみハイウェイ・夜空につづく」 瀬戸田に来るまで運転免許を持っていなかった。東京では電車で事足りていたし、20代半ば頃台湾の人気占い師に片言の日本語で言われた「あなた運転だめ。交通事故。」をずっとひきずっていた。し …

瀬戸田アンテナ店 山の野菜に行列

瀬戸田町で10月30日限定オープンした、山と海を結ぶ尾道アンテナショップ「OMiSe」(お店)に、御調町の新鮮な野菜を求める瀬戸田の住民の行列ができた。 この日の主役は、御調産の野菜・米、瀬戸田のレモン。また助っ人に尾道 …

私の瀬戸田日記【3】言葉で感じる瀬戸田

「言葉で感じる瀬戸田」 移住する前のお話。家を決める為6月に瀬戸田を訪れた。市役所の担当の方に案内して頂いたが、とても興味深かったのが言葉だ。尾道で話すときは標準語なのに、しまなみ海道を渡って島へ行くにつれ広島弁が強くな …

私の瀬戸田日記【2】たどり着いた先は瀬戸田

「たどり着いた先は瀬戸田」 瀬戸田へ移住してきて聞かれる断トツの質問は、「なんで東京から何もないこんな所に来たの?」。この連載を機会にあらためて動機をしたためようと思う。 東京にいる頃、自分は幸せなのか常に自問自答してい …

私の瀬戸田日記【1】移住の洗礼

「移住の洗礼」 「島に移住なんて楽しそう、羨ましい!」「随分と思い切ったね、すごい!」東京を去る私に皆心地いい言葉をかけてくれ、その賛美に少し酔っていた。だがその酔いは瀬戸田の静寂な夜風にあたりすぐに冷めた。 昼間は仕事 …

尾道市地域おこし協力隊員 森聖羅さんに聞く

尾道市は本年度から初めて「地域おこし協力隊員」を募集した。それに応えて森聖羅さん(32)が瀬戸田町に、成浦麻友さん(24)が御調町に1日、それぞれ着任した。任期は3年。 本紙は、森聖羅(せいら)さん=写真=に話を聞いた。 …

カテゴリー

バックナンバー

  • facebook
  • twitter
かわよしパソコンサービス
虎次郎は行く
因島空襲

ニシハラプラネッツ

株式会社ニシハラプラネッツ

環境設備の販売・工事・コンサルタント業務(尾道市因島重井町)

工場建設の高松建設

工場建設の高松建設

おかげさまで創業50年(尾道市因島土生町)

手打ち十割蕎麦とわり

手打ち十割蕎麦とわり

北海道産のそば粉ときれいな水で打った十割蕎麦をお出ししています。
◎福山市船町5-8
◎電話084-922-3293

PAGETOP
Copyright © せとうちタイムズ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.