尾道市因島・瀬戸田地域の週刊新聞
記事

造船

「海の日」記念式典 海事功労者15人を表彰

国民の祝日「海の日」(7月第3月曜日)を記念して19日、ポートピアはぶで記念式典が開かれ、因島・瀬戸田地区の海事関係功労者15人と「海の図画コンクール」金賞受賞者6人が表彰された。 【国土交通大臣表彰】 船舶(造船)功労 …

広島県高校生技能オリンピック 溶接作業部門で因島高校の岡君優勝

第8回広島県高校生技能オリンピックが5月22日、福山工業高校で開催され、因島高校3年の岡誠志郎君=写真=が溶接作業部門で優勝し、中国大会出場を決めた。 この大会は14部門で競われた。計算技術▽情報技術▽機械製図技術▽建築 …

外国人技能実習生制度 2020年までの期限付きで「5年」に延長

浮き沈みの激しい造船業界。円安など世界経済の影響を受けピンチを切り抜けた。瀬戸内の造船城下まちから脱皮できない理由には、戦前戦後を通じどん底を這い上がり建造ブームに乗ったドラマがあったからだろう。 尾道市瀬戸田町と因島に …

因島の造船業界 2年先までフル操業 船価は低水準

終ってしまえば、あっと言う間の5月のゴールデンウィークだった。Uターン組を車のナンバーで識別すると古里因島へ里帰りを目的とした錦にも見える。 戦前戦後ゆれ動いた因島の造船業界。戦中は勤労動員や学徒動員で徴用され、沖縄県か …

幸陽ドックが吸収合併 今治造船広島工場に

広島県三原市幸崎町の幸陽船渠(こうようドック)が国内最大手の愛媛県今治市の今治造船に2月1日吸収合併され「今治造船広島工場」になった。 敗戦後、山羊一頭を連れて廃工場跡を守り再興した―と、故木曾清社長の回顧(苦労)談をえ …

因島鉄工グループ海岸清掃 150人が2カ所で

因島鉄工(株)(宮地秀樹社長)と協力会社6社の従業員150人は13日、大浜町のしまなみビーチと三庄町4区の海岸の清掃に汗を流した。

因島鉄工グループ 海岸清掃に汗流す

因島鉄工(株)(宮地秀樹社長)と協力会社6社の従業員65人は13日、大浜町のしまなみビーチと三庄町の海岸の清掃ボランティア活動に汗を流した。

物作り企業見学ツアー 生徒と教員30人が参加

地元製造業の現場を高校生や教員などに見学してもらおうと商工会議所工業委員会が主催する「因島ものづくり企業見学ツアー」が23日、行われた。

ユニバーサル造船に自衛艦3隻入渠続く

因島土生町のユニバーサル造船株式会社への自衛艦のドック入りが相次いでいる。現在、定期点検と整備のために入渠しているのが3隻。輸送艦「くにさき(来週出港)=写真。補給艦「とわだ」(7月下旬出港)。掃海艇「まきしま」(5月末 …

海自「いずしま」隊員18人 因島北インターで除草作業

 因島土生町のユニバーサル造船(株)に入港している海上自衛隊掃海艇「いずしま」=内栫(うちがき)浩一艦長の乗組員18人が10日、因島中庄町の因島北インター付近の除草・清掃作業を行なった。

三和ドック艤装桟橋完成 効率アップに期待 28日竣工式

 船舶修繕の国内大手、三和ドック(株)(尾道市因島重井町600、寺西勇社長、TEL0845-26-1111)は、エンジンやパイプなどの艤装作業をする両岸利用できるくい打ち桟橋の拡張工事が完成、3月28日(水)に竣工式を行 …

尾道対岸の向島 船体ブロックの集積地に

 高操業を続ける地元の造船会社は建造の効率化を図るため「船体ブロック工法」を取り入れる動きが活発になっている。  今年2月にはJFE商事造船加工(株)(尾道市向島町111、資本金3千万円、TEL0848-37-6630) …

自衛艦8隻が次々とユニバーサル造船所などに入港

 自衛艦が定期の整備のために因島土生町のユニバーサル造船(株)と内海造船(株)に入港している。3月5日には全艦で8隻、乗組員約500人が上陸する予定。

船体ブロック製造日本一の集積地めざし設備増強 因島鉄工業団地協同組合

尾道市因島重井町474-1 理事長 柏原公生  船舶メーカー13社でつくる因島鉄工業団地協同組合は30年ぶりという新造船建造ブームを予測して数年前から計画していた海面埋め立てによる共同作業場の拡張工事を平成17年6月6日 …

因島鉄工業団地協同組合 30年ぶりの新造船活況で受注安定確保体制づくり

 大型船舶は、船首や船尾、細かい部分など必要に応じてブロックとして造り、船台やドックで組み立てるのが一般的。造船各社の手持ち工事量の伸びに連動してブロックの需要も急増する。そのため30年ぶりという新造船の活況が続く中、主 …

真っ青に澄みきった秋空の下 20年ぶりの復活に希望乗せ進水 一目見ようと3000人の見物客

9月23日午前11時30分、造船復活記念船「ヘレーネS」は歓喜の拍手に包まれて進水し、土生水道に容姿を浮かべた。

初めて体験する進水式「わーすごい」の歓声 船台に駆け寄る子供達 親子三代も珍しくない日立造船OBたちも感慨無量

 開門とともにどっと見学客が入場した。日立OB家族3代連れ、お歳寄りから若いカップル、子ども達のグループ、様々な人たちが見てとれる。学校からの集団見学はなかったが島の子どもたちの小中学生の姿も目だつ。初めて近くで見る巨大 …

因島鉄工団地拡張工事 2日地鎮祭で安全祈願

造船船体ブロック生産高で日本一を誇る因島鉄工業団地協同組合(柏原公生理事長。13社、750人。敷地面積15万3105平方メートル)の新設共同作業場建設工事地鎮祭が2日、同団地内であった。式典には鉄工団地組合や施工業者の山 …

ユニバーサル造船因島事業所発足 NKK・日立造船が事業統合

日本鋼管(株)(NKK・下垣内洋一社長、本社・東京)と日立造船(株)(重藤毅直社長、本社・大阪)は10月1日付で両社の造船事業を統合し、ユニバーサル造船(株)(本社、東京都品川区太井1-28-1、電話03-5737-40 …

カテゴリー

バックナンバー

  • facebook
  • twitter
かわよしパソコンサービス
虎次郎は行く
因島空襲

工場建設の高松建設

工場建設の高松建設

おかげさまで創業50年(尾道市因島土生町)

ニシハラプラネッツ

株式会社ニシハラプラネッツ

環境設備の販売・工事・コンサルタント業務(尾道市因島重井町)

手打ち十割蕎麦とわり

手打ち十割蕎麦とわり

北海道産のそば粉ときれいな水で打った十割蕎麦をお出ししています。
◎福山市船町5-8
◎電話084-922-3293

PAGETOP
Copyright © せとうちタイムズ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.