尾道市が有害鳥獣解体処理施設の整備 捕獲班員の高齢化

平成の市町村合併で尾道市周辺部の人口減少が加速していることが昨年の国勢調査で分った。増えたのはイノシシなど有害鳥獣やアサリの天敵ナルトエイやチヌ、ヒトデなどの対策に手をこまねいている。

なかでもやっかいなのはウリボー(イノシシの子供)連れと出くわすと親シシが神経質になっているので「イノシシ優先」と「お通り」願うのが利口だと選択する。百キロ近い親シシが車に体当たり保険の対象にならず泣き寝入り。あとしまつを考えると待つしかない。

尾道市内で生口島に棲みついたイノシシが潮流を泳いで因島に渡り、うわさのタネになっている間に被害が出た。農作被害から人畜被害へと広がり市は今年度、有害鳥獣解体処理施設の整備に力を入れることになった。現在、市が任命する捕獲班員は7班、131人で、鳥獣を捕獲したら班員の所有地に埋めるか尾道、因島、生口の3ヵ所にある施設で解体して尾道、因島クリーンセンターで焼却処分している。班員の高齢化が悩みのタネ。

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282