囲碁のまちづくり推進協会長 加納彰副市長に聞く「全国囲碁サミットを開催」

 念願の本因坊秀策の生家と囲碁記念館が2008年9月に完成し、市技・囲碁のセンターになっている。囲碁のまちづくり推進協議会会長の加納彰副市長=写真=に新年の抱負を聞いた。


―生家と記念館が完成しましたね…。
 おかげさまで好評で、月に800人から900人の来館者があり、年間1万人の達成ができそうです。私自身も、御招待の字を印刷したリーフレットと手作りの名刺を使い、全国にアピールをしています。
―今年の行事はどうなっていますか。
 まず2月初めに、囲碁記念館オープンを記念した棋聖戦が、讀売新聞の主催で行われます。会場は、因島のナティーク城山です。
 7月は秀策囲碁まつりですが、今年はこれに合わせて第2回全国囲碁サミットを開催します。第1回は、昨年10月に神奈川県平塚市であり、私も出席し、PRに努めてきたところです。3月には、推進協主催で昨年につづいて市民囲碁大会を開催します。
―副市長は囲碁の腕前はいかがですか。
 自称2段格というところです。囲碁歴は30年で、昨年9月尾道囲碁協会の2段戦で準優勝しました。休憩時間に庁内で囲碁を打ったり、ケーブルテレビの「囲碁・将棋チャンネル」をみて、腕をみがいています。こうしたことが、推進協の活動に役立てばと思います。
―ラガーマンとのことですが。
 尾道北高で始め、今もつづけています。尾道高校ラグビー部の後援会の副会長も務めています。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282