行政が先送りしてきた難題を民間の力で 因島フラワーセンター

 平成の大合併で因島市は尾道圏への編入合併の道を選び、どうしても片付けておかねばならない重要課題がいくつかあった。その中の一つに県立フラワーセンターの管理運営問題があげられる。


 1980年代に日立造船因島工場から新造船部門を撤退「島が沈む」とまでいわれた不況下に県が約20億円を投じて花き栽培産業振興と観光を目的に建設されたのが同センター。
 当時、県は1兆円産業と注目されていた花き栽培の仲間入りを目指す拠点づくりとして向島洋らんセンター、因島フラワーセンター、瀬戸田町のシトラスパークを結ぶ「園芸ベルト構想」をたちあげた。
 「しまなみ海道」の波に乗って3つのテーマパークは観光ブームを謳歌した。それも御多分に漏れず一過性に終わり赤字経営に転落。テーマパーク時代が終焉するなかで県立因島フラワーセンターは9月1日から尾道市へ移管、改名されリニューアルに着手。指定管理者を募集、行政が先送りしてきた難題を民間の力で蘇らそうとしている。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282