因島統合福祉センター(仮称)2018年4月オープン予定

平成の市町村合併特例法の恩恵を活用して新しい「まち」づくりの最終段階に入ったようだが「箱物行政」が横たわっていて市民個人にとっては「いまいち」の評価だ。

一抹の不安材料を抱えての吸収合併だった旧因島市と尾道市。因島南中学に続いて小学校の統合。消防署の統廃合。引き続き旧田熊中学跡=写真=の校舎と体育館を改修「因島統合福祉センター(仮称)」を手がける計画。

2018年4月オープン予定で田熊公民館や社会福祉協議会の事務室や温水プールなどが備えられる。旧校舎は鉄筋3階建て延べ約3800平方メートル。隣接する旧体育館は鉄筋3階建てで延べ約2500平方メートル。1階にウォーキング専用のタテ12メートル、ヨコ9メートルのプール。2階は屋内スポーツ用のアリーナなど。総事業費7億5100万円。

いまの尾道市になって今年1月で10年。人口は旧因島市、御調町、瀬戸田町とも人口減少率が2倍ちかくになるなど周辺部の人口減少が加速「合併してよかった」という声は小さい。

(村上幹郎)

旧田熊中学跡地

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282