環境問題を利用した利権 ゴミの分別している住民はバカをみているのか?

同和から福祉問題へ。そして環境問題がいまや誰も逆らえない”錦の御旗”になってきたようだ。ところが、この問題を利用した利権が生まれているという話を耳にする。それが事実とすれば、知らず知らずにゴミの分別に協力している住民はバカをみていることになる。

先日のこと、福山の書店で環境コーナーを見てびっくりした。「環境問題は、なぜウソがまかり通る」「リサイクルは資源のムダ使い」「地球温暖化論に騙されるな」など、これまで自治体が実施してきた環境問題に一石を投じた本がずらりと並んでいた。

一例をあげると、ペットボトル1本作るのにはその倍の量の石油が必要。それをリサイクルするには3―5倍の石油を使用する。大量の水洗い、ペレットを製造するための加熱もしなければならない。工場見学をしながら「これってホントに省資源に役立っているの」と疑問を抱いた。環境問題という錦の御旗にまどわされ、とんでもない不合理を助長している一面に気づいた年の瀬である。

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282