紅葉なす山と凪ぎたる海見ゆる日溜り探して弁当開く

河内せい子
 この歌の中には、作業は何をしているのか、誰と誰がいるのかと言うことがどこにも書かれてはいないが、歌の前後の関係から、〈これはミカン摘みだ。〉〈夫婦二人がいる。〉の内容である。


 瀬戸内の島の木々が紅葉する時期と言えば、大体ミカン採りの頃である。しかも夫婦でやっていますという雰囲気のある歌である。午前中にあの木とこの木とあちらのをもう一本、というように計画を立ててのミカン摘み作業である。
「お前も仲々やるのー。」「あんたもようやる。」
 と、お互いに褒めあいながら、「もう弁当にするか」と、どちらともなく声掛けをしたところである。車を走らせれば家は近いのだが、弁当を朝作って出れば時間のムダがなくなる。
 歌の中では、海と山の紅葉が見えて、しかも日溜りという地形は、ちょっとした段畑で北風の当たらない場所である。昔なら梅干を入れた日の丸弁当だが、今ごろはどんな弁当を作っているのか覗いて見たくなる。
 11月も終り近くなると島の山々も紅葉をして来る。寒暖の差が大きければ大きい程に落葉樹の色付きも美しい。
 島の紅葉する樹種は、山間部とは違って、そのほとんどがハゼ(かぶれ)の木か、これによく似ているヌルデ(ふし)の木である。
 しまなみ海道を車で走っていると、島の海辺から山頂に向って、黄櫨(ハゼ)の紅葉、白膠木(ヌルデ)の紅葉、黄葉などが、渚辺から色を染め上げている。
 弁当を頬張りながら、紅葉した島山とべた凪の海を見ながら「もう4、5日この天気が続いてくれると、計画どうり、秋の穫り入れも済む」、と顔を見合わせながら言ったことだろう。
(文・池田友幸)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282