県立瀬戸田病院存続 尾道市直営の診療所へ

 尾道市は21日、県立瀬戸田病院の移管を受け入れ、来年4月1日から尾道市立市民病院付属診療所とする内容の議案を12月定例議会に提案することを全員協議会で議員に説明し、記者会見で発表した。


 新しい診療所は、病床は50床から19床に減少、外科産婦人科、眼科を廃止し、内科とリハビリテーション科、訪問看護ステーション設置となる計画。
 県の提案では、神石三和病院と同様に財産を無償譲渡するとともに、移管交付金として12億200万円を平成20年から25年の6年間にわたって出すとしている。さらに人的支援として、職員派遣などを検討するとしている。12月2日、県と市は協定締結の予定。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282