さようならウィル カナダから因島高校へ 10カ月の留学終え帰国

カナダから因島高校へ10ヶ月間留学していたウィリアム・ボルデュック君(18)が6日、因島を発つ。翌7日、成田からカナダのケベック市に帰る。

ウィリアム・ボルデュック君

ウィリアム・ボルデュック君。愛称は「ウィル」。

ウィリアム君は、高校生交換留学制度により昨年3月下旬因島にやってきた。因島中庄町にホームステイして4月新学期から登校した。

彼は2年生のクラスに入った。日本語で生活し、日本語の授業を受けることが課題に与えられた。他の生徒と違うのは英語の授業は受けないということ。

暗記が大変!

授業で一番苦労したのは何ですかと尋ねると「数学歴史、国語の暗記が大変だった」との返事。その苦労もあって日本語の読む聞くは上達した。書くことは難しく、ようやく小学生のレベルまでできるようになったという。

部活はバドミントン部に所属。サイクリングが好きで自転車で通学した。

夏にはホームシックにかかった。日本の蒸し暑さに参ってしまい、汗の出ない母国の夏が恋しくなったからだ。それも、高校の同級生やホストファミリーとの交流で乗り越えることができた。

1月に因島に積もった雪を見て久しぶりで嬉しかったが、同時にこれはたいした雪ではない、と感じた。

お別れの挨拶

ウィリアム君は先月25日、体育館で全校生徒にお別れの挨拶を行なった。日本語で8分間におよんだ。

「新しい体験を求めて、遠い国、文化の違う国に行きたかった。文化祭や体育祭など皆とともに経験し、新しい家族、友達と出会えて楽しかった。

思い出がたくさん作れた。因島が私のふるさとになった。また帰ってきたい」と述べたという。

帰国が迫るなか彼は、1月下旬の校内と周辺のクリーンアップ活動に参加。4日の瀬戸田高校との合同マラソン大会が最後の行事となった。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA