尾道市長・議長 2016年の抱負

「追い風に乗って」尾道市長 平谷祐宏

平谷祐宏

昨年は中国やまなみ街道の全線開通に始まり、文化庁の日本遺産に本市が認定されたことで、これまで以上に尾道が注目され、瀬戸内しまなみ海道の賑わいも含め地域全体が活気に満ち溢れた一年となりました。

尾道に住んでよかったと思えるまちづくりを更に加速させ、若者が夢と希望を持てるしごと、子育て、暮らしに満足できる環境の整備など、尾道のまちづくりを市民の皆様とともに創りあげてまいります。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、本市では2018年に市制120周年、2019年には尾道港が開港して850年の記念の年を迎えることとなります。

これから訪れる追い風に乗って「今より、もっと強く、元気で、豊かな尾道」を目指し飛躍の一年になるよう、まちづくりを進めてまいります。

「より身近な議会 尾道市議会議長」髙本訓司

髙本訓司

尾道市議会は昨年、議員数を3人減らして、定数を29人とし、選挙で、4人の新人議員が当選しました。行政に対し、6月議会から一般質問や委員会で積極的に質問をしており、ベテラン議員も刺激を受け、議会内が活性化しつつあることを実感しております。

本年は、初めてとなる議会報告会を市内九ブロックに分けて、実施することを計画しております。

議会とは何か、議員は普段何をしているかなど、どんなことでも結構ですのでお尋ねいただければと思っております。市民の皆様が疑問に思っておられることを的確にお答えしてまいります。

議会の活動をより身近に感じていただき、議会の役割を皆様とともに再認識していきたいと考えております。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282