地元広島県議新年の抱負

「未来への新チャレンジ」広島県議会議員 松浦幸男

松浦幸男

国においては地方創生の旗印の下で経済の活性化に全力をあげているところです。

広島県においても「ひろしま未来チャレンジビジョン」の見直し後期5年のスタート年であります。人づくり、新たな経済成長、安心な暮らしづくり、豊かな地域づくりを目指します。

地元尾道市においても「大合併新市計画」見直しの最後の4年の年に入りました。

国県市の橋渡し役の立場にあります県議会議員として、その立ち位置を再確認し、その職務をまっとうしたいと願っております。

 

「しまのわの継続性を求めて」広島県議会議員 金口巖

金口巖

昨年のせとうちタイムズの「新年の抱負」の中で前年行なわれた「瀬戸内しまのわ」を一過性に終わらすなと書かせていただきました。

今年も「瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会」を10月30日(月)に開催する運びになりました。規模は定員3500人と半減になりますが、2018年には第1回大会と同等の規模で開催されることがほぼ決定しています。

尾道市行政はもとより、関係各位の熱烈な要望を受けての決定となり、地域の要望を形にしていくのも議員の役割であり、総ぐるみで尾道ブランドを盛り上げ尾道が心豊かな街となりますよう努力をしてまいります。

 

「あらたな地域の魅力の創造を」広島県議会議員 高山博州

高山博州

広島県では、チャレンジビジョンを改定し、「仕事でチャレンジ!暮らしをエンジョイ!活気あふれる広島県」を目指す姿として掲げられました。

しかし、本県の状況は平成10年から人口減少が止まらず、広島県の中枢性も維持できない厳しい状況であります。今まさに、地方のやる気が試される「地方創生」といった地域間競争が始まっております。

地方はこれまでの常識に捉われず、未来を見据えた地域の未来を切り開く施策を推進すべきであります。私自身も、地域の方々の一人ひとりの声を大切にしてあらたな地域の魅力を創造し、「強い広島」の実現に向け、全力を尽くして参ります。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282