尾道大橋【3】旧橋は無料、新橋は有料

瀬戸内海の中央に架かる本州側の発着点尾道市―向島間は約200メートル。これまで向島住民は渡船を生活道路の一部として運航。国道旧大橋は317号2車線、高速50キロの有料だった。開通当初の通行料金は原付・自転車10円▽軽自動車50円▽普通車150円▽大型車250円▽特大車580円。

もともと選挙があるごとに通行料金は各党のお題目になってきた。昔日のこと、山根道路公団元総裁におあいした時、「因島大橋は美人橋として誇れるものの一つ。それが値下げの陳情しかない。あれだけの美人ぞろいのしまなみ海道を世界に向けて観光PRする声が小さいのが残念だ」と感謝の念に欠けていたことをチクリ。

ともあれ1968年(昭和43年3月末)有料道路として開通。2015年(平成25年3月末)で料金徴収満了期間を終え、念願だった渡橋料0円になった。ところが旧建設省の計画と道路公団のからみから双子橋が出現。旧尾道大橋は無料になったものの新橋は有料という珍現象がおきている。

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282