因島三庄町8区の住民がイノシシとの攻防戦 迫る人身事故の危険

因島三庄町8区の住民とイノシシの攻防戦が連日つづいている。自宅、畑、山、道路と広範囲にわたってである。

金山正行さんの場合、自宅と目の前に母親の住居がある。その周囲に畑があり、さつま芋や野菜類を栽培している。家のすぐ裏に所有する山がある。

住民は、イノシシの住居や畑への侵入阻止のために鉄柵を張り巡らした。箱ワナも設置した。しかしイノシシの被害は止まっていない。鉄柵設置の作業中の金山さんに話を聞いた=写真

この前の連休に設置したのは、子供のイノシシもくぐれない鉄柵30メートル。中にはトウモロコシ、トマト、柑橘類が栽培されている。
すぐそばの畑のさつま芋は全滅した。同時にカボチャや人参も荒らされた。これへの対策は思案中であるという。

自宅の庭にも侵入してきている。夏に家族で夕方、バーベキューをしていたところ目前にイノシシが現われた。追い払おうとしたら威嚇してきた。

8区と9区松山団地を繋ぐ、車も走る山道がイノシシの通路にもなっている。夜道を歩いて帰宅中にイノシシの鳴き声を聞いた。
金山さんは体験から、「まもなく人身事故が起きるようになる」と語った。

 

近所の村上憲治さんの山と8区の住民が手作りで作った「みょうけん公園」と金山さんの山は、連なっている。それらに数年前からイノシシが住み着き、「巣」のようになっている。

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00