草花に親しむ日々 池田友幸さん(因島三庄町)

らん科の花「サギソウ」を自宅の庭で育てつづけて35年が過ぎた。因島三庄町9区の池田友幸さん(91)は、友人に誘われ甲山の山に登り、その花に出会った。

池田友幸さん

池田友幸さん

「山野草ポケット図鑑」に次のようにある。

「山地の日当たりのよい湿地に生える多年草。茎は高さ20~40㎝。葉は互生し幅広い線形。花期7~8月。茎の先にサギの飛んでいる姿に似た純白の美しい花を1~2個咲かせる」

この花は球根で、1株に三つ付いている。毎年、1が3、3が9と、3の倍数ずつ増えていき、300株を超えた時に、同じ町の人たちに配るようになった。

現在も、春の彼岸のころ植え替えて株分けし、蕾ができたころに鉢ごと知人に渡している。

池田さんは不思議がる。なぜか庭のサギソウの一番花が8月6日に咲き、20日ころまで咲きつづける。

「じっと見ていて楽しいという心境になる。みんなに喜んでもらえることが嬉しい」と語る。池田さんはこの花を手間をかけて育てることが「自己表現」になっているとも言う。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282