因島椋浦町に祖先持つ 青木昌彦名誉教授死去

因島に墓参り 青木昌彦氏

日本人初のノーベル経済学賞の有力候補とされた、尾道市因島椋浦町に祖先を持つ青木昌彦スタンフォード大学名誉教授が米国時間15日、死去した。77歳。

青木名誉教授は2009年3月31日、夫人とふたりの娘さんとともに椋浦町を訪れ、曽祖父の青木忠右衛門の墓参りを行なった。

その際、親戚の青木廣光さん、平谷祐宏尾道市長、村上祐司因島商工会議所会頭、寺西勇三和ドック社長らと懇談。

「祖先のDNAを受け継いでいるためか瀬戸内を見ると心がなごむ」と感慨深げであった。

写真上は、左から墓参りをする青木昌彦さん、れい子夫人、青木廣光さん。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282